2017/11/17

◆タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017の表彰式の様子を報告します。

 

さる11/4日に小菅村「大地の恵み祭り」に合わせて、デザインコンテスト2017の表彰式を行いました。当日は天気にも恵まれ、祭りの会場とあって賑やかな中で行われました。

舩木村長の計らいで、村民や来村者にもこの受賞者の方々の努力の跡を見てもらいたいとの思いもあり実施されました。

今年のお祭りは村始まって以来の新しいイベント「ゾンビ村小菅」が開催され、会場には沢山のゾンビがうろつく中、表彰式が行われるという前代未聞の表彰式でした。

受賞した皆さんの笑顔が印象に残った表彰式でした。

「大地の恵み祭り」の開催宣言の様子です。受賞者に渡されるトロフィーも準備されいよいよ開幕です。

 

授賞式を待つ各受賞者の皆さん、嬉しさの中にもちょっとした緊張感がありました。

最優秀賞を獲得した、東京で設計事務所を経営している新進気鋭の建築家、光賀博紀さんと佐藤貴樹さんのユニットです。当日は光賀さんが都合で出席できず佐藤さんお一人での授賞式でした。小菅村の自然や生活を細かく観察、作品に反映した点が評価されました。これからの活躍を期待しております。

 

優秀賞の一人目、青森県弘前市で設計事務所を営む須藤大さんです。前日の朝5時起きで新幹線に乗り小菅村までお出でいただきました。今回は遠方からお出でいただく方が他にも居た関係上、11/3日にお出でいただき村内ツアーやお祭り前夜祭のナイトバーで楽しんでいただきました。

 

優秀賞の二人目は神奈川県平塚市でカフェを運営している、美術の先生でもある中角泰子さんです。作品はアイデアあふれる提案で、審査員一同感銘を受けた作品でした。当初は最優秀賞のみの建設でしたが、この作品も作ってみたいとの村長のご判断で追加で建設する事になりました。

 

次は特別賞に輝いた、九州宮崎から応募していただいた内田恭代さんです。内田さんは伝統工法にこだわったタイニーハウスを建設、すでにお住まいになられているタイニーハウスを作品として提案されました。六帖軒(むじょうけん)と銘打つ6帖のタイニーハウスはその先駆性や自然素材の活用を強く意識した作品で賞に値すると判断されました。

 

もう一組の特別賞受賞者は、益山詠夢さん、オオニシタクヤさん、蘆田暢人さんのグループです。作品はチムニーハウスと題されたデジタルもの作りを活用した提案でした。最優秀賞を争った作品で出来るものなら建設したいとの意見が審査員から出た作品です。皆さん有名な人ばかりでした。

 

その他にもすぐれた作品が多数あり、当初は設定されていなかった奨励賞が儲けられ、二つの作品が選ばれました。

一組目は地元山梨県の若手建築家グループのYAMANASHI LIFEさんでした。もう一組は東京の設計事務所に勤務する徐裕晃さんです。どちらの作品もタイニーハウスでの生活をしっかりイメージした作品で、タイニーハウスは小屋ではなく住まいと言う事を感じさせてくれた作品です。

 

最後は受賞者全員での記念写真、また次もお会いしましょうとの意見で一致、全員が第2回デザインコンテストの審査員に選ばれました。表彰式の後の受賞者のにこやかな笑顔が素敵でした。

 

最後に、授賞式を盛り上げてくれたゾンビの皆さん、有難うございました。素晴らしい表彰式を開催する事が出来ました。また次回もよろしく!以上、タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017の様子でした。

次は皆さんの出番ですよ!

 



2017/11/10

◆タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017受賞作品の展示について

 

上記デザインコンテストの受賞作品は「道の駅こすげ・ふれあい館」にて11月末まで展示を致しておりますので、小菅村にお出での際は是非「道の駅こすげ・ふれあい館」までお越しください。提案者の熱い思いを直にご覧いただけます。



2017/11/4

◆タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017表彰式の開催、およびタイニーハウス小菅デザインコンテスト2018開催のお知らせ!!!

 

11/4 タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017の表彰式が小菅村道の駅広場にて開催されました。受賞者全員に参加いただき無事表彰を行う事が出来ました。主催者として今回のデザインコンテストに参加いただいた方全員に感謝申し上げるとともに、素晴らしい作品を提案頂いた方々に厚く御礼申し上げます。

皆様よりお寄せいただいた多くの作品に触れ、タイニーハウスの素晴らしさをあらためて確認する事が出来ました。

 

そこで、小菅村としてはこの活動を継続していく事を決定し、タイニーハウス小菅デザインコンテスト2018を引き続き開催する事に致しました。詳細については「DESIGN CONTEST2018」をご覧ください。

 

今回は日本のタイニーハウス界をリードするYADOKARIさんの協力のもと開催することといたしました。開催に際しましては、今まで以上に色々な情報を提供したいと考えております。YADOKARI様のサイトも合わせてご覧いただければ幸いです。

 

表彰式や座談会の様子は後日、当サイトにてご案内申し上げます。

下の写真は、本日受賞者に渡された事務局特製のトロフィー写真です。小菅村のケヤキを加工し、レーザープリンターで印字した世界に一つだけのトロフィーです。次回はこのトロフィーを是非あなたの手でつかみ取って下さい。ご応募お待ちいたしております。



2017/10/26

タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017表彰式開催のお知らせ

 

9/上旬に発表しました上記デザインコンテストの表彰式を来る11/4に開催いたします。当日は村のお祭りである「大地の恵み祭り」が道の駅こすげで開催されます。この会場にて表彰式を行います。時間は10:50頃からとなります。どなたでも参加できますのでお時間の許す方はご参加ください。当日は村の秋祭りとして食材や商品の販売が行われます。こちらも合わせてお楽しみいただければと企画いたしました。

また、当日13:00より小菅村役場において受賞者との座談会を開催いたします。こちらも参加自由ですのでお時間の許す方は役場までお越しください。

なお、この座談会の様子は後日、当社ホームページ、YADIKARIホームページにて掲載予定です。

 

また、受賞者の作品を建設すべく、現在設計に取り掛かっております。作品は11月下旬より順次建設が始まります。建設の様子は順次ホームページで公開してまいりますのでお楽しみに!

 

タイニーハウス小菅プロジェクトでは新しい住まい方であるタイニーハウスの普及に向け情報を発信してまいりますので、これからもご支援よろしくお願いいたします。

 



2017/9/25

タイニーハウス TV放映時間の詳細が分かりました。

 

明日9/26日にNHKTV 「シブ五時」で放映される小菅村のタイニーハウスに対する取組みの放映時間が分かりました。放映は17:30からの特集内で約5分程紹介されるとのことです。タイニーハウスも少しづつではありますが世の中に認知されいるなと、事務局として大変喜んでおります。お時間の許す方はご覧ください。



2017/9/19

タイニーハウス TV放映 変更のお知らせ

 

9/4日の結果発表の際にお知らせいたしましたNHK・TV放映の件ですが、番組が変更になり「所さんの大変ですよ!」から、同じNHK9/26日放送予定の「シブ五時」にての放送になりました。この番組の中で放送されます。ご興味のある方はご覧ください。放映時間の詳細は分かりませんが「シブ五時」は夕方16:00~18:00までの放送となります。お楽しみください。

 



2017/9/13

◆最優秀作品建設のお知らせ

 

デザインコンテスト2017でのお約束通り、最優秀案の建設に向けて入賞者との打合せが始まります。それに加えて今回は小菅村の温かいご支援のもと、優秀作品2点の建設も決定いたしました。

 

小菅村は移住者等が近年増えており、住宅が不足するという普通では考えられない事態になっております。この問題を解決すべくタイニーハウス小菅デザインコンテスト2017も企画された訳ですが、素晴らしい作品が多数寄せられた事を受けて、舩木村長様のご決断ににより急遽追加建設する事になりました。

 

最優秀案だけでなく、合わせて3棟も建設できることは事務局としても大変有難い決断であり、応募者の皆様のご努力に微力ながら還元できたのではないかと思います。

 

これらの作品は来年3月には完成予定です。完成後は皆様にもご案内申し上げますので見て頂ければと考えています。これからも小菅村をよろしくお願い申し上げます。

 

入賞作品の詳細はDESIGN CONTEST 2017にてご覧ください。



2017/9/12

タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017応募者の皆様へ

 

この度はコンテストへの応募、まことに有難うございました。応募者の皆様には既にメールにてご連絡を申し上げておりますが、遠方からの参加者が多かったために参加賞の賞品を変更させていただきたくお願い申し上げます。

今後とも当サイトへのご協力、ご支援の程よろしくお願い申し上げます。



2017/9/4

タイニーハウス小菅デザインコンテストの結果が発表されました。詳細は本サイト「DESIGN CONTEST 2017結果発表サイト」でご覧ください。



2017/8/31

タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017応募者の皆様へ

 

応募者の皆様には大変お世話になっておりますが、当方の事情で結果発表を9/4とさせていただきますのでご了承をお願いいたします。大変申し訳ありませんがご報告とさせていただきます。



2017/8/6

タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017応募者の皆様へ

 

応募者の皆様、作品提出有難うございました。短期間の告知・登録・応募にも拘らず多数の皆様から素晴らしい思いを込めた作品を提出して頂き心より御礼申し上げます。

また、登録をして頂きました多数の皆様にも御礼申し上げます。

今回のコンテストの応募状況は、49名の方々から作品を応募頂きました。今後は8月末の発表に向けて審査を進めてまいります。

審査の結果は、タイニーハウス小菅HP及び小菅村役場HPにて発表いたします。又、入賞者につきましては、事務局より直接ご連絡差し上げます。

その後の予定につきましてはまた改めてご案内申しげます。

最優秀案につきましては予定通り実施設計を行い、来年3月をめどに村内に建設いたします。

 

事務局より追伸:応募案のレベルは想像以上に高く、日本にもこれだけの事を考えている人たちが居るのかと大変心強く感じております。今後、皆様には色々お願いを申し上げる事が有るかもしれませんが、その節はよろしくお願い申し上げます。

 

 



2017/7/24

 

 

応募者の皆様へ

 

いよいよ夏本番となりました。応募者の皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?応募案の最終仕上げで御苦労なっさている事かと思います。

 

期間も残すところ1週間となりました。体調管理を十分なさって下さい。

 

ところで、皆様に良いニュースがあります。

 

小菅村のタイニーハウスとデザインコンテストがNHKTVで取り上げられることになりました。詳細は後日発表しますが、タイニーハウスやデザインコンテスト審査の様子などが紹介されるかもしれません。

 

タイニーハウスも徐々にメジャーになりつつありますが、現象におぼれず地道に進めてまいります。応募案お待ちしております。

 

 



2017/7/24

ブログを更新しました。

 

小菅村の紹介7 白沢地区

 

小菅村の紹介8 東部地区

 

村にはこれまでに紹介した7集落以外に村より少し離れた場所にある永作地区があります。次回紹介したいと思います。

 

 



2017/7/5

ブログを更新しました。

 

小菅村の紹介6 小永田地区

 

昔の山村の景観を色濃く残す小永田地区の紹介です。



2017/7/4

◆お知らせ


 

応募者の皆様へ

 

この度はタイニーハウスデザインコンテスト2017に応募いただき有難うございました。お陰様で短い期間にも関わらず丁度100名の方々から応募登録を頂きました。

 

タイニーハウスはまだまだ一部の愛好家のムーブメントと思っておりましたが、これだけ多くの方々が作品を応募したいという応募結果には正直、驚いているところです。日本でも住まいに対する考えが少しずつではありますが変わりつつあるのだと実感している次第です。

 

どの様な作品が提案されるか、その期待感でワクワクしております。提出期限まで1か月を切りましたが、皆様の熱い思いを形にしていただけたらと思っております。

 

ちなみに今回応募登録をされた方々の職業等は、建築設計関係者が50%、施工関係者10%、建築関係以外30%、(内訳=コンサルタント、機械系デザイナー、会社員、造園家、林業家、ライター、工業デザイナー、主婦、パート、教員、etc)、学生10%となっております。特筆するべきは建築デザインコンテストにも拘らず全体の40%の方々が直接建築に携わっていない方々から沢山応募登録して頂いた事です。建築系のデザインコンテストでは珍しい事ではないでしょうか。

 

タイニーハウスに関しては建築系以外の方の関心が高いことがうかがわれます。逆の言い方をすれば、建築系の人でもタイニーハウスを知らなかったり、興味を持っていない人が多いのかもしれません。

 

省資源・省エネルギーな家、地球温暖化防止や持続可能な社会の実現にも寄与する、消費主義社会からの離脱や住宅ローンに縛られない自由な生活の実現など多くの利点を有するタイニーハウスをこのコンテストを機会に社会に広めていきたいと強く思う次第です。作品お待ちしております。

 


2017/6/28

ブログを更新しました。

 

小菅村の紹介5 中組地区

 

小菅の湯を中心とした村の観光基地のある地区です。しかし、地区から一歩踏み出すと昔ながらの景観が残る変化の多い地区です。

 



2017/6/21

ブログを更新しました。

 

小菅村の紹介4 田元地区

 

この地区は村の中心部に隣接し、小菅川の反対にある比較的平坦な土地にある地区です。

 



2017/6/13

ブログを更新しました。

 

小菅村の紹介3 川池地区

 

ここは村の中心部、村の重要な施設が集まっている地域です。

 



2017/6/2

ブログを更新しました。

 

小菅村の紹介2 橋立地区

 

 



2017/6/1

タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017は応募を締め切りました。

 

応募者の皆様方へ

 

タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017は応募を締め切りました。

 

本日以降は応募登録は出来ませんのでご了承いただきますようお願い申し上げます。

 

登録を頂いた応募者様には、おおよそ1週間以内に登録番号をメールで送らせて頂きます。

 

作品提出の際、提出物右下部分に登録番号を記載ください。詳細はメールにてご連絡差し上げます。

 

応募有難うございました。皆様からの熱い提案をお待ちしております。

 

事務局より

 

作品の提出は郵送で、7/31日となります。(消印有効)

 

提出先: 〒409-0211 山梨県北都留郡小菅村3445番地

     小菅村役場 タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017事務局

 

 



2017/5/31

タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017応募登録 締切のお知らせ

 

 

タイニーハウスコンテスト 応募予定の皆様方へ

 

季節もすっかり夏の陽気になりつつあるこの頃、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか?

 

3月末に開始した「タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017」の締切も残すところ後、11時間程となりました。短い期間にも関わらず多くの方々から応募登録を頂き大変有難うございます。

 

当コンテストは事前応募登録制になっております。まだ、応募手続きをお済でない方は、お早めに手続きをお進め下さい。

 

応募が締め切られますと、応募登録者様には公平、公正を期するために登録番号をメールにてお送りいたします。

 

提出作品にはお名前やメールアドレスなど記載せずに、登録番号のみの記入として頂きたくお願い申し上げます。記入の方法や位置等は追ってお知らせ申し上げます。

 

皆様からのさらなるご応募をお待ち申し上げます。

 

事務局より

 



タイニーハウス小菅デザインコンテスト2017 舩木村長インタビュー

2017/5/26

応募者の皆々様へ

タイニーハウス愛好家の皆々様へ

 

主催者:小菅村長 舩木直美様より応募者の方々に応援メッセージを頂きました。

 

既に登録済みの方々、現在検討中の方々、タイニーハウスに関心を持たれているすべての方に小菅村長からのメッセージです。

 

このコンテストを通して、タイニーハウスと、サステナブルな社会生活を実践している小菅村に関心を持っていただきますれば幸いです。

 

小菅村は人口740人ほどの小さな村ですが、多くの皆様と一緒に新しい住まい方を発信していきたいと考えています。皆様からの思いを込めた応募案をお待ちしております。



2017/5/21

ブログを更新しました。

 

小菅村の紹介です。



2017/5/11

ブログを更新しました。

 

タイニーハウス デザインコンテスト2017 中間コメントを掲載しました。

 



2017/4/23

ブログを更新しました。

小菅村にも春が来ました。



2017/4/18

ブログを更新しました。

内部の家具設置もひと段落、ほっと一息。



2017/4/13

ブログを更新しました。

今回は家具が入り家らしくなってきました。デザインコンテストの参考になればと思います。



2017/4/8

外構工事がやっと終わりました。ブログをご覧ください。

デザインコンテスト2017への応募も順調に増えています。皆様の熱い思いを是非発表してみてください。よろしくお願いします。



2017/3/28

ブログを更新しました。コンテストに応募を考えている方はご覧ください。



2017/3/25

タイニーハウス小菅 デザインコンテスト2017開催のお知らせを、YADOKARIさんに取り上げて頂きました。

以下のサイトでご覧いただけます。

http://yadokari.net/special-feature/50979/



2017/3/20

タイニーハウス小菅 デザインコンテスト2017開催のお知らせをアップしました。

小菅村主催によるタイニーハウスのデザインコンテストを開催いたします。

詳細は、CONTESTページにてご覧ください。応募をお待ちしております!!



2017/3/15

小菅村タイニーハウスホームページをアップしました。

これから、どうぞよろしくお願いいたします。